# 結婚式の招待状を作成する

結婚式の準備の段階で一番重要なことが招待状を送ることです。また、スケジュールが忙しくなってくる時期に作成し投函しなければならないため、非常に気を使い苦労する作業です。招待状は結婚式場と提携している業者に頼むことも可能ですが、招待するという気持ちを込めて手作りされる方も少なくはありません。では、招待状を送るまでの流れと需要となる箇所をご紹介します。まずは誰を招待するかを決めます。親族をどこまで招くか、友人や会社の人を何人招くを考えます。


また、親族を多めに招くか、友人中心にするかなど披露宴の具体的なイメージをしっかりと持ってから考えます。次に、招待状の文面を考えます。自分なりの言葉でもかまいませんが、親族に送る場合も考え、形式的な定型文を使うことをお勧めします。場所や日付、時間、両家名などは何度も確認して間違わないようにしてください。また、お祝い事のため、終止符を打つことは縁起が悪いとされています。句読点を使わず、段落も開けずに書きます。もちろん忌み言葉である、「去る」や「切れる」「別れる」といった言葉も縁起が悪いです。別れや終わりを連想させるような言葉や、「重ね重ね」「度々」などの繰り返しの言葉も用いないようにします。そして、返信用のハガキの期限は挙式の一ヶ月前の大安に設定することが大切です。発送する際も大安に出すことが決まりです。


大変ですが、きちんと暦を見てから日付を決めてください。招待状とは別に同封するものは、慶事用切手を貼った返信用の葉書、会場の案内図や注意文、二次会の案内などです。封を閉じる前に必ず全部揃っているかを確認してください。そして何より重要なのでは差し出し人です。昔は失礼のないようにと、両家の父親または母親の名前で出していましたが、最近では自分達の結婚式なのだからと、本人の名前で出すということも増えています。大切な会社の上司や親族も招くので、きちんとご両親と相談して決めてください。そして宛名書きはパソコンで印刷することもできますが、出来るだけ毛筆を使って手書きで書いたほうが失礼になりません。筆耕サービスを利用しても良いので、手書きの筆字で宛名を書いてください。その封筒には必ず慶事用の切手が必要です。普段は目にすることはありませんが、郵便局に行き係の方に「慶事用の切手」と伝えると、きちんと用意してくれますので安心してください。結婚式の準備は返信葉書が戻ってきてからが大変です。素敵な結婚式にするためには、招待状もしっかりと出す必要があります。