# 結婚式招待状作成に当たって事前に決めておくこと

結婚式の招待状は発送する新郎新婦にとって大切なものであると同時に両家にとっても大事なものです。したがって結婚式の招待状を含めて予定を新郎新婦のみで勝手に進めていってしまうと思わぬところで両家の対立や親とのけんかをすることになります。したがって招待状を作成する前には以下のことに注意をして事前に取り決めをしておきましょう。1.招待状の差出人名義招待状の差出人の名義は、両親名義か新郎新婦の名義かどちらかが一般的です。


差出人はその披露宴の主催者という位置づけと言うことになりますから、基本的には結婚式の費用を出す方が主催者となり、差出人となります。最近は2人が主催者として両親もゲストとしておもてなしをしたいという扱いをする新郎新婦も多くなったので新郎新婦名義も増えています。大切な部分ですので両家の両親と確認をすることが必要です。2.返信はがきのあて先返信はがきはゲストの出欠を確認するために重要なものです。あて先は確認しやすい場所にしましょう。このときに既に2人が一緒に住んでいる場合には、一緒に住んでいる場所に両家合わせて回収するのがお薦めです。2人が別々に住んでいる場合には、あて先はそれぞれの住所にして両家で分けて回収するか、どちらかにまとめて回収するようにしましょう。3.封筒の差出人封筒の差出人はゲストが最初に目にする場所です。


このときにも結婚式の前にどういう状況下で若干書き方が変わります。入籍済みで一緒に住んでいる場合には、新居の住所で名前は連名にします。また入籍が既に完了していて、しばらくしてから結婚式を行う場合にも同様の形式にします。ただし、新婦側は改姓でだれか分からない可能性があるので名前の後に旧姓をいれます。また入籍はしていないけれど一緒に住んでいる場合には、返信はがきの回収先は2人を一緒にしていたとしていても、封筒の住所は入籍前であれば、新婦は親族の目もあるので実家の住所にした方が無難です。4.宛名書きの方法招待状などの宛名書きは毛筆が一般的です。ボールペンやサインペン、またパソコンの毛筆字体は簡単ですが年長者や主賓にとっては軽いものと思われてしまい失礼になりますので避けましょう。本来は自分で書いていくのが最もよいのですがなかなか毛筆で字を書くことができないという人には、周りで書道をやっている人に依頼してもよいです。またこの部分だけプロの筆耕業者に依頼するのも1つの方法です。