結婚式の招待状を受け取った時に覚えておきたいこと

結婚式の招待状を受け取った時に覚えておきたいこと

いかなる場合にも忘れてはならないことは、相手の立場に立って物事を考えることです。例えば結婚式の招待状について考えてみましょう。結婚式の招待状を受け取った際の最大のマナーは出来るだけ早く、出欠の連絡を送信者に返す、ということです。式を開こうとしている側は、出席者の人数を確認してからでないと、式場や料理の予約、席次の決定等ができないからです。そうは言っても、体調や、日程、式が開催される場所等の条件から出席できるかできないかすぐに判断できない場合もあるでしょう。そんな時は返事を出さないままにしておかず、電話で現在の状況を伝えるようにすべきです。

また、どうしても出席できない場合も出てくるかも知れません。そのような場合も必ず、出席できないことを先方に伝えなくてはなりません。出席できない理由を伝える場合も、電話やメールで済ませず、案内状は往復はがきで来ているでしょうから、その返信用のはがきを使って返信しなければなりません。出席できないので、はがきは出さなかった、では通用しないのです。先方は出席してもらえるものと信じて待っているに違いありません。返信のはがきの書き方にもマナーがあります。たいていの場合、ご出席、ご欠席のどちらかに丸をつけるようになっていると思いますが、このご出席、ご欠席のごの字を二重線で消すか、寿という文字で消すのが良いでしょう。出席する場合は、喜んで出席させていただきます、という簡単な言葉や、お祝いの言葉を添えることが望ましいと言えます。出席する場合は、欠席の文字も二重線で消しておきましょう。氏名を記入する箇所にもご芳名と書かれている場合もあります。この場合もごという文字を二重線で消してください。又、はがきの宛名ですが、宛先の氏名の下が、様という文字が入っていればそのままでかまいませんが、行きという意味で、行と書かれていた場合は、行の文字を二重線で消して様に変更するのがマナーです。

仲の良い友人からの結婚式の招待状であっても大人のマナーで対応するようにすべきです。場合によっては結婚式の日程が弔辞などと重なるケースもあろうかと思います。その場合は、はっきりと理由は書かず、あいにくやむをえない事情があり、と記載すれば良いでしょう。もう少し丁寧に招待状に返信する場合は、はがき自体を封筒に入れて返信する方法もあります。この場合は、お祝いの言葉を便箋にしたためて送付するようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*