# プロフィールムービーについて

結婚式などでよく流すものの一つとしてあげられるのが、プロフィールムービーではないでしょうか。自分たちが登場する前に流すことで会場の雰囲気が良くなり、入りやすくなるというのも一つの利点です。しかし、一口にプロフィールムービーとは言っても二人だけの特別なものとなるので、他人との差をつけたいと想い気合を入れて作る人も多いのではないでしょうか。確かに、他人との違いを作るには放ったりのものであることに違いはありません。しかし、だからと言って気合を入れすぎてあまり長編にならないように注意する必要があります。見ている人というのは、二人の登場を待ち望んでいるので、あまりにムービーがながいと逆に場が盛り下がってしまいかねません。見ている人の立場に立ち、気持ちを考えたプロフィールムービーを作るように心がけましょう。

プロフィールムービーの写真

よく結婚式などで作られるプロフィールムービーなんですが、大事な日当日に大きなスクリーンで上映され、みんなが見るものなのでなるべく印象に残る良いものを作りたいですよね。作り方もさまざまで業者に頼んだり、友達や家族、兄弟に頼んだり、自分たちで作ったりします。誰が作っても絶対に力をいれるべきところは、やはり写真選びです。なるべく自分たちの記念日などの写真にしながらもゲストも楽しめるものがいいです。まず二人のそれぞれの小さいころからの生い立ちの写真を入れていきます。その後に二人が出会ってからの写真を入れすぎないほうがゲストの方も程よく見ることができます。また写真を撮った時は違ってもただ人がカメラに向かって並んでポーズをとっているなどの同じような写真を見ても飽きてしまいやすいので、気を付けることが大事です。また最後にゲストの視点で確認して修正していきましょう。

プロフィールムービー作成について。

プロフィールムービーといえば、結婚式で流れる新郎・新婦の生い立ちから二人が結婚を決めるまでの様子を数分間にまとめたムービーがおもい浮かびます。あのプロフィールムービーは定番になっていますが、それはあの数分間で新郎を知らない新婦側のゲストに対して、新婦を知らない新郎側のゲストに対してそれぞれの人となりを知ってもらうための有効なコンテンツとなっています。誰が作っているか、についてはさまざまです。新郎、新婦が自分たちに写真を持ち寄り作ったり、会場に写真とコメントを渡して制作を有料で依頼したり、新郎新婦の周囲の人で得意な人がプレゼントの代わりやボランティアで作っている場合もあります。いずれにしろ当人たちのイメージ構築になる大切な数分間になるのは間違いないので、あまり軽はずみすぎる内容ばかりにせず、しっかり厚生することが大切です。