# 結婚式の招待状が届いたときに知っておくと良いこと

結婚式の招待状が届くとその場で封を開けはするものの、返事は後回しにしてしまいがちです。そして慌ただしく毎日を過ごしているうちに気がつくと締め切りが迫ってきており慌ててパパッと書いて郵便ポストに投函した、という経験をしたことがある人は多いと思います。招待された側からすればたったはがき一枚に過ぎませんが、新郎新婦としては一生に一度の輝かしいイベントの返事であることを忘れてはいけません。返事の書き方のマナーについては知っている方も多いと思いますが、今回は新郎新婦に喜ばれる返事の出し方についていくつか紹介します。ひとつは、締め切りのギリギリになって出すよりも余裕を持って返事を出すことです。


招待状が届いてから数週間程日にちを開けて締め切りが設定されてはいますが、新郎新婦は招待状を出したその日からソワソワしながら返事が来るのを待っています。返事がなかなか来ないと、ちゃんと招待状は配達されたのだろうか、名前の間違いなど何か失礼があって怒っているんじゃないか、もしかしたらあまり出席したくなくて返事を出すのを迷っているんじゃないか、などと良くない想像を膨らませて心配になってしまうのです。そう考えると、反対に早めにはがきが届くと自分たちの結婚を喜んでもらえているような、きちんと祝福してもらえているような気がしてくるものです。また、新郎新婦は料理の手配や席の座り順を決めなくてはいけません。結婚式の準備は決めること手配することが本当にたくさんあり、出席者がいつまでも決まらないと気持ちが落ち着かないものなのです。もし、他の予定が入りそうで出席できるかギリギリにならないとわからないのであれば、早めに電話を一本入れておくと良いでしょう。


何も音沙汰がないことが新郎新婦を不安にさせますので、出欠が未定でも電話で連絡を入れておけば新郎新婦の気持ちの負担はずいぶん違うでしょう。もうひとつは、はがきにひとこと添えることです。出欠の返事のはがきですので、マルをつけて名前を書いてさえいればそれで用事は済みますが、義務的で少し寂しく感じる人もいるでしょう。「結婚おめでとうございます」や「結婚式を楽しみにしています」など簡単な言葉でもいいのです。ありきたりな一言でも心配しながら返事を待っていた新郎新婦にしてみれば、気持ちがあたたかくなる嬉しい一言なのです。結婚式を挙げたことのない独身のかたにはなかなかピンとこないことかもしれませんが、招待状の返事を出すときには、ほんの少しの心遣いを忘れずにいてほしいです。